歯医者さんがオススメする歯科医院をご紹介する【歯ピネス】

新着情報

予防ケア編集部コラム

虫歯が口臭の原因になってしまう理由と抑える方法

 

「口臭が気になるけど、もしかしたら虫歯があるのでは?」

このような悩みをもっている方もいらっしゃると思います。

口臭には様々な原因がありますが、虫歯を原因とする口臭も存在します。

今回は、虫歯が口臭の原因になってしまう理由と、抑える方法についてお伝えしていきます。

 

虫歯による口臭はどんな臭いか

 

虫歯による口臭はどんな臭いなのでしょうか。

まず、口臭には生理的口臭と病的口臭があることを知っておきましょう。

 

・生理的口臭と病的口臭

口臭には生理的口臭と病的口臭があります。

起床時の口臭や、食べ物による口臭を生理的口臭と呼び、歯周病や虫歯、内臓疾患を原因とする口臭を病的口臭と呼びます。

生理的口臭は誰でも持っているので、それほど心配しなくても良いのですが、病的口臭は原因となる病気を特定し、治療する必要があります。

 

・虫歯による口臭は腐敗臭や硫黄臭に近い

虫歯による口臭は物が腐ったような臭いに近いです。
虫歯の穴に溜まった食べかすや、歯の神経が虫歯の細菌によって分解される際、臭いの元となるガスが発生します。

また、口腔内の嫌気性菌がタンパク質を分解する際には、ゆで卵や温泉地のような硫黄臭を発生することもあります。

どちらの臭いも、対面している人や周囲の人が感じるような強い臭いです。

 

虫歯が口臭の原因になってしまう理由

 

虫歯が口臭の原因になってしまう理由については、大きく分けて3つの理由があります。

 

・虫歯で空いた穴に溜まった食べかすが腐敗する

虫歯で歯に穴があいてしまうと、その部分に食べかすが溜まっていきます。

穴の奥に溜まった食べかすは、歯ブラシが届かないため取れることはありません。

溜まってしまった食べかすは、口の中の細菌によって腐敗し、悪臭の元となるガスを発生させます。

 

・歯の神経の腐敗による

虫歯が進行し、内部の神経に到達してしまうと、神経の腐敗による臭いが発生します。

虫歯が神経に達すると、多くの場合で強い痛みを伴いますが、ゆっくりと神経が弱ってしまう場合や、なんらかの原因で先に神経が死んでしまっている場合には、痛みを感じることはありません。

放置しておくと、さらに感染がすすみ、歯根の先にも感染を引き起こします。

 

・歯根の先に溜まった膿による

虫歯を放置しておくと、神経はすべて虫歯菌に感染してしまい、歯根(歯の根っこの先)にも感染を引き起こします。

歯根の先に感染を引き起こすと、その部分に膿の袋(歯根嚢胞)を作り、それが何らかの原因で口の中に露出した場合、強い臭いを発します。

神経は機能していないため強い痛みはありませんが、そのままにしておくと歯を抜かなくてはいけなくなるので、早急に歯科医院に行く必要があります。

 

虫歯による口臭を抑える方法

 

虫歯が原因で口臭が気になる場合に出来る応急処置について、お伝えしていきます。

何らかの原因ですぐに歯科医院に行けない場合はしょうがないですが、基本的には歯科医院に行き、虫歯の治療を行うほうがよいでしょう。

 

・食後に歯磨きやうがいをする

食後に歯磨きやうがいをすることで、虫歯の穴に溜まった食べかすを取り除きましょう。

穴が大きい場合は、すべて取り除くことは難しいのですが、大きな食べかすは取ることができます。

虫歯が大きく神経に近い場合には、歯ブラシの刺激によって痛みが出てしまうことがあるので、痛みを感じる場合には触らないようにしましょう。

 

・水分をしっかりとって唾液を分泌する

唾液には、虫歯菌の活動を抑える効果があります。

水分をしっかりとって唾液を分泌することで、口臭の予防が可能です。

 

・キシリトールガムを噛む

キシリトールガムを噛むことで、口臭をやわらげることができます。

ガムの香りでカバーするだけではなく、唾液が分泌されるので、口臭予防に効果的です。

 

・デンタルリンスや口臭予防タブレットなどを使う

デンタルリンスや口臭予防タブレットは、基本的には生理的口臭に対して用いる口臭予防法ですが、虫歯による口臭にも効果はあります。

根本的な解決ではなく、香水と同じく、強い香りで打ち消しているだけ、という点には注意しましょう。

 

虫歯を治療することが根本的な改善

 

一時的な口臭対策ではなく、根本的な問題の解決としては、虫歯の治療が必要不可欠です。

虫歯が自然に治ることはありません。

 

・虫歯の穴は放置しない

虫歯が進行して穴が空いてしまうと、その部分に食べかすが溜まってしまいます。

食べかすが溜まってしまうと、より早いスピードで虫歯が進行してしまいます。

歯科医院に行き、虫歯の部分を除去して、削った部分を詰め物などで治療すると良いでしょう。

初期の段階であれば、歯科用レジンや金属で埋める治療で済みますが、痛みが出るまで放置してしまうと、神経の治療が必要になるため、回数や費用がかかってしまいます。

 

・早期に治療して重症化を抑える

虫歯は早期に発見し治療することが大切です。

重症化してしまうと、激しい痛みが発生してしまうだけではなく、治療期間も長くなってしまいます。

虫歯が進行して神経が死んでしまうと、痛みは感じなくなりますが、虫歯が進行し歯がボロボロになってしまいます。

そうなると、抜歯することになるケースもあります。

 

・歯がボロボロになっても治療を受ける

歯がボロボロになってしまった場合も、歯科医院で治療を受ける必要があります。

そのまま放置しておくと、虫歯菌が他の歯にも感染してしまう恐れがあります。

残っている歯を守るためにも、歯科治療を受けましょう。

 

まとめ

 

虫歯が口臭の原因になってしまう理由と対処法についてお伝えしてきました。

虫歯がある場合、しっかりと歯磨きをしたり、デンタルリンスなどを使って一時的に口臭が改善したとしても、根本的な解決にはなりません。

歯科医院で診察を受けて、虫歯を治療することが一番の解決方法です。